トップメッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は一変しました。
その一方で、記者会見に手話通訳が配置される、透明マスクが開発されるといった聴こえないことに対する考え方が深まりつつあります。青年部は地域の聴覚障害者協会とともに、更なる社会参加ができるように50年の歴史を歩んできました。しかしながら、地域の聴覚障害者協会によっては、急速な社会の変化にあわせた対応力が不足していると見ています。
この課題解決、そして社会への対応力を高めるため、様々な事業を模索しているところです。

ー止まない雨はない。

この言葉は私が高校を退学し、大工として働き始めたときに、偶然再会した中学校時代の恩師に言われた言葉です。
これは中学校の教科書に載っている言葉で、恩師は「仕事で苦しい時、つらい時もあるけれど、いつかは良い時が来る。そして、やってきた経験が活かせてくる。」と背中を押してくれました。

その意味を知ってから、若いうちはいろんなことに挑戦していこうと勇気を持たせられました。
20期ではどんどんといろんなことに挑戦して、失敗して、楽しんで、次世代の青年に心残るものをつくっていきたいと思います。

私たちの取り組み

2020年度活動方針

(1)九州聴覚障害者団体連合会及び全日本ろうあ連盟青年部の活動方針に基づいて、青年部活動を積極的に促進・指導していく。
(2)3本柱である「仲間づくり」「学習づくり」「要求づくり」に基づいて、楽しく魅力ある青年部を築いていく。
(3)九州ろうあ青年研究討論会と青年研修会との開催成功の為に徹底的に取り組んでいく。
(4)機関紙・ブログでの情報を定期的に発行する。
(5)冊子作成・グッズ作成・販売に取り組んでいく。
(6)九州各県青年部の実態を把握し会員減少問題を解決する為に各県青年部との連携を図っていく。
(7)積極的に大会及び研修会に多くの参加者を送り出せるように促進を行なっていく。

2020.4.1 START!

2020.7.4(土)~5(日) 第50回九州ろうあ青年研究討論会(佐賀県) 開催中止

2020.7.18(土) きゅーぶ&各県青年部首脳部交流会

2020.8.3(月)聞こえないことで困ることについてのアンケート実施

2020.9.5(土)~6(日)第69回全九州ろうあ者大会青年研修会(沖縄県)開催中止

PAGE TOP