近畿ろうこどもふれあい企画

朝夕、涼しくなってまいりましたね!

さて…8月6日の日曜日。

猛暑のなか、兵庫県立総合体育館にて「近畿ろうこどもふれあい企画」が開催されました!

この企画は2016年度から近畿ろうあ連盟主催で行われています。青年部も参加し、交流をしています。

昨年は野外での紙飛行機づくりやバーベキュー、スイカ割り等を楽しみました。

さてさて。
皆さんが気になる、今年の内容は・・・?

午前:「絵本の手話読み聞かせ」

午後:「広い和室を使った、体を動かす遊び」

の2つです!

午前の部は、(一社)奈良聴覚障害者協会理事の小林さんに絵本を手話で読み聞かせしていただきました。

子供たちも、だんだんと手話読み聞かせの魅力に惹かれていき、最後の方では興奮のあまり、前に飛び出しちゃった子どももちらほら・・・!

読み聞かせのあとは青年部員と一緒に仲良く物語中に出てきた「おばけ」を作りました。

 

午後からは広い和室を使って遊びました。

進行役の合図の種類に合わせたポーズをとる「落ちた落ちた」

皆で「だるまさんがころんだ」と「鬼ごっこ」や

負けるごとに自分の立てる場所がだんだん狭くなっていく「新聞紙じゃんけん」

等、様々な遊びを楽しみました!

近畿ろうこども企画は今後も継続して開催予定です。

来年は皆さんもぜひぜひ!

童心を思い出しながら、子ども達と一緒に遊びましょう!