第65回全国ろうあ者大会in福岡 青年のつどい報告

第65回全国ろうあ者大会in福岡 青年のつどい

2017年6月1日(木)~4日(日)に福岡県で開催された第65回全国ろうあ者大会が開催されました。今大会は全国ろうあ連盟が発足してから70周年を迎える記念すべき大会となり、全国各地から約4200人の聴覚障害者や関係者が参加されていました。

また世界ろう連盟(WFD)のコリン・アレン理事長や各理事が大会前にWFD理事会のため福岡に来日され、引き続き今大会に参加されていました。

最終日の式典では秋篠宮殿下、妃殿下がお越しになり、大変盛り上がった今大会でした。

そんな賑やかな中で開催イベントのひとつである「青年のつどい」に参加してきました。5大会ぶりの講演形式の企画で、世界ろう連盟青年部(WFDYS)青年部長のセシリア・ハンヒコスキー氏、世界ろう連盟アジア地域事務局青年部(ADYS)青年部長の青山裕香子氏、一般財団法人全日本ろうあ連盟青年部(JFDYS)青年部長の廣田喜春氏の3人のリレー講演でした。WFDYSからADYS、そして日本の青年部について説明がありました。

どれも深い内容で、WFDまたはWFDYSがあるからそれぞれの国の青年部があることを再認識しました。ADYSは2008年発足してからアジア内の国の参加が増えていることで活気が出ていることを知り、これは日本も活気を上げていかなくては!それぞれ都道府県の青年部もいろいろと感じていると思いますが、地元の青年部がなくてはならない存在であることを。青年部に対して再認識ができたことに感謝です。

 

 

近畿ろうあ連盟青年部より吉報がひとつ!

今大会の販売で、当青年部のグッズのひとつである新バージョンのマフラータオル(紺×ピンク)が70枚売れました!買ってくださった方に感謝です!また約30枚ありますので、欲しい方はぜひ近畿青年部役員までご連絡下さい。