19期近畿ろうあ連盟青年部始動!

第19期近畿ろうあ連盟青年部が4月1日からスタートしました。
さっそく新委員長からの挨拶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちは。

2018年4月から近畿ろうあ連盟青年部第19期がスタートしました。

4年ぶりの女性の委員長となりました勝矢千晶です。近畿ろうあ連盟青年部の発展にとどまらず、近畿各府県青年部の連携や活性化を努めてまいります。

また、近畿ろうあ連盟青年部は2019年に創立50年を迎えます。50年の歴史に新しい1ページを作っていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、8月に兵庫県で第34回近畿ろうあヤングフェスティバル、10月に和歌山県で開かれる近畿ろうあ者大会での青年のつどい、滋賀県で第50回近畿ろうあ青年研究討論会を予定しています。
今まで参加したことがない方も参加したことがある方も、ぜひ参加してください。
18歳~35歳の青年が一斉に集まり交流を深めていく機会です。
企画を通じて、いろいろな人たちとつながり「縁」を深めていく楽しさをぜひ味わい、
私共と楽しんでいきましょう。」

役員体制は下記の通りです。

任期2年(2018年4月1日~2020年3月31日)
☆委員長 勝矢 千晶(大阪)
☆副委員長 吉田 航 (京都)
☆事務局
事務局長 森田 英昭(滋賀)
事務局員 田村 大希(和歌山)
事務局員 藤原 剛 (兵庫)
☆会 計  椋本 潤一 (大阪)
☆組織部
組織部長 中村 泰輔(兵庫)
組織部員 中野 美沙(大阪)
組織部員 竹本 美絵(滋賀)
組織部員 久保 拓也(奈良)
☆事業部
事業部長 安井 将 (京都)
事業部員 小川 廉 (奈良)
事業部員 前田 裕也(和歌山)

2年間よろしくお願いします♪

2018年度近畿ろうあ連盟青年部定例代議員会報告

2018年4月1日(日)13時から17時まで小田公民館(兵庫県尼崎市)で近畿ろうあ連盟青年部の2018年度定例代議員会を行ないました。

近畿6府県より役員が集まり、今回は、登録代議員33名のうち、会議成立定足数17名を超える29名が参加されました。

同代議員会では、2017年度の振り返り、2018年度の活動について活発な意見交換が行なわれ、深く話し合うことができました。さまざまな議案を無事承認することが出来ました。

夜の交流会では、居酒屋にて近畿ろう学生懇談会と一緒に交流を深めました。

オススメの行事は、下記の通りです。

☆2018年8月25日(土)
第34回近畿ろうあヤングフェスティバル(兵庫県)

☆2018年10月7日(日)
第68回近畿ろうあ者大会 青年のつどい(和歌山県)

☆2018年10月13日(土)~14日(日)
第50回近畿ろうあ青年研究討論会(滋賀県)

☆2019年2月23日(土)~24日(日)
第9回西日本エリア幹部研修会(兵庫県)

楽しい思い出、様々な良い経験になりますので、是非みなさんも一緒に参加しましょう!

第51回全国ろうあ青年研究討論会in大阪 報告

2017年11月3日(金・祝)~5日(日)の3日間、
大阪府堺市にある国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)にて
第51回全国ろうあ青年研究討論会(以下、全青研)が開催されました!

 

 

 

 

 

 

今回大会は全国から423名が集まりました。

今大会のテーマは【差別のない未来へ ~手話でつむぐ 青年のものがたり~】。

開会式の後、記念講演が始まりました。

今年の記念講演は2つ。

●日本初のろうあ者弁護士・松本晶行氏(公益社団法人 大阪聴力障害者協会 理事会相談役)による「ろう者の生活と権利を守るために」

ろうあ者の運転免許取得のきっかけとなる運転免許裁判についてや障害者問題、
ろうあ者問題に取り組んできた実績について講演いただきました。

●ろうあ者の暮らしの問題解決に携わってこられた清田廣氏(公益社団法人 大阪聴力障害者協会 理事会相談役)による「ろう者の暮らしやすい社会をつくるために」
重度ろう重複障害者、ろうあ高齢者の施設建設運動、法律改正の流れなど、
ろうあ者の暮らしの問題解決に向けての活動について講演いただきました。

記念講演終了後は各ブロックに分かれて交流を深めるブロックミーティング。

近畿といえば、【笑い】。

近畿ブロックは「アメトーーク」ならず、「デフトーーク」でスピーカーによる経験談を話し、笑いの渦がちらほらと沸き起こりました!
テーマは「すべらない話」「人生で一番高かった買い物」「危機一髪の体験」などでした。

 

 

 

 

2日目は分科会。
参加者たちは6つの分科会に分かれ、それぞれの意見を熱く語らいました。

今回新設された分科会は「情報アクセシビリティ」。
時代にあわせた分科会名が出てきます。

夜の交流会ももちろん大盛り上がり。
各テーブルで手話の花が咲き、参加者たちは新しい出会いと会話、食事を楽しみました。

 

 

 

 

参加者たちは学習・交流ともに有意義な3日間を過ごせたことと思います。

来年の開催地は秋田県。皆さんで秋田に行きましょう!!

 

 

 

 

 

第49回近畿ろうあ青年研究討論会in奈良 報告

2017年10月7日(土)~8日(日)第49回近畿ろうあ青年研究討論会in奈良では、近畿各地から67名の参加者が集いました。7月にトルコで開催された第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017をも含む、デフリンピックに関わる内容の記念講演やパネルディスカッションがあり、大変興味深いものでした。

 

 

 

 

 

他、分科会「入門」「労働」「国際&スポーツ」「手話」ではテーマに沿って討論を交わし、夜の交流会では企画で盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者一人一人が、何かを学び得ることができた2日間になったのではないでしょうか。

第33回近畿ろうあヤングフェスティバル報告

9月3日(日)
一般社団法人滋賀県ろうあ協会(青年部)主管で、
第33回近畿ろうあヤングフェスティバルが行われました。

戦国時代の滋賀(近江)で有名な浅井家3姉妹の名前
「茶々」「初」「江」チームに分かれて歴史の出来事に
なぞらえて、5つのミッションをクリアしていくものです。
【内容】
・あずき運び
・クロスワード
・かりもの競争
・障害物競争
・リレー

走ったり、知識を出し合ったりと頭や体を使い各チームで
協力しあいながら頑張っている様子が見られ、大いに盛り上がりました。
来年の第34回近畿ろうあヤングフェスティバルは兵庫で開催されます。
来年、兵庫でお会いしましょう♪

 

全青研in大阪へ行こう!!

こんにちは。

長らくお待たせしました、近畿ブロックからの動画です。

近畿ろうあ連盟青年部の3大行事(ヤングフェスティバル・近畿ろうあ者大会青年のつどい・近畿ろうあ青年研究討論会)が無事に終わり、

11月には全国ろうあ青年研究討論会が大阪で開催されます。

近畿内での全青研開催は4年前の京都以来です。

大阪の皆様を応援するとともに仲間を誘って是非、大阪に集まりましょう。

 

全青研in大阪への動画【パート⑧】

第51回全国ろうあ青年研究討論会in大阪が11月3日~5日に開催されます。

東北ブロックにインタビューしました。

大阪はノリ・ツッコミが上手で東北にとって楽しいと思うのでぜひ大阪に行って味わってみましょうと言っておられますので是非行きましょう!!

全青研in大阪への動画【パート⑦】

第51回全国ろうあ青年研究討論会in大阪が11月3日~5日に開催されます。

四国ブロックにインタビューしました。

堺市や通天閣に行ってみたいのですね。

ぜひ四国ブロックの皆さんと一緒に観光をかねて大会へ参加しましょう!!

ご覧ください(動画)

「国際行事を知ろう!」企画 お知らせ

ついに秋になりましたね!
暑くなったり、寒くなったりと…気候の変化が激しいので、体調に気を付けてお過ごしください。

今日は、企画のお知らせです‼

2017年9月18日(月・祝)に伊丹市立障害者福祉センターで近畿ろうあ連盟青年部主催で「国際行事を知ろう!」企画を開催いたします。

一般財団法人全日本ろうあ連盟青年部 中央委員の野添 亘氏に来ていただき、2017年4月11日(火)~17日(月)に開催された第6回世界ろう連盟青年部ジュニアキャンプinオーストラリアについて講演していただきます!(裏話も聞けるかも笑)

国際手話を学ぶだけではなく、さまざまな国際行事も学べます!
企画後、交流会も行います。是非、ご参加お待ちしています♪

ビラは、下記をクリックお願いします。

国際行事を知ろう!9月18日企画ビラ(新)

参加希望者は、9月10日(日)までに各府県の青年部役員まで申し込んでください。
よろしくお願いします。

 

近畿ろうこどもふれあい企画

朝夕、涼しくなってまいりましたね!

さて…8月6日の日曜日。

猛暑のなか、兵庫県立総合体育館にて「近畿ろうこどもふれあい企画」が開催されました!

この企画は2016年度から近畿ろうあ連盟主催で行われています。青年部も参加し、交流をしています。

昨年は野外での紙飛行機づくりやバーベキュー、スイカ割り等を楽しみました。

さてさて。
皆さんが気になる、今年の内容は・・・?

午前:「絵本の手話読み聞かせ」

午後:「広い和室を使った、体を動かす遊び」

の2つです!

午前の部は、(一社)奈良聴覚障害者協会理事の小林さんに絵本を手話で読み聞かせしていただきました。

子供たちも、だんだんと手話読み聞かせの魅力に惹かれていき、最後の方では興奮のあまり、前に飛び出しちゃった子どももちらほら・・・!

読み聞かせのあとは青年部員と一緒に仲良く物語中に出てきた「おばけ」を作りました。

 

午後からは広い和室を使って遊びました。

進行役の合図の種類に合わせたポーズをとる「落ちた落ちた」

皆で「だるまさんがころんだ」と「鬼ごっこ」や

負けるごとに自分の立てる場所がだんだん狭くなっていく「新聞紙じゃんけん」

等、様々な遊びを楽しみました!

近畿ろうこども企画は今後も継続して開催予定です。

来年は皆さんもぜひぜひ!

童心を思い出しながら、子ども達と一緒に遊びましょう!