一般財団法人 全日本ろうあ連盟 青年部

Japanese Federation of the Deaf Youth Section

アーカイブ

© 一般財団法人 全日本ろうあ連盟 青年部 All rights reserved.

201111/19

東北視察 報告

2011年3月11日。
東北地方で未曾有の大地震が起きました。

東北、また関東など近隣にすむろう青年は無事か?
きちんと情報は行き届いているか?
すぐにでも支援に向かいたい気持ちでしたが、
やはりここははやる気持ちを抑えて、現地が落ち着くまで、
今自分ができることをまずやっていこう、とそれぞれが地元で活動してきました。

そして約半年が過ぎ。
ようやく、東北地方が落ち着いた、との知らせを受け、
早速、全日本ろうあ連盟青年部中央委員会のうち数名で東北視察へ赴きました。
2011年9月16日~17日の二日間で、福島県を主に回りました。

目的は二つ。
①現地の様子を視察し、甚大な被害や現状をしっかり学ぶため。
②現地のろう者への激励だけでなく、具体的な災害対策を共に考えるため

まず宮城県の仙台空港にて、視察メンバーがあつまり、
車を借りて、空港から福島県まで向かいました。

その道のりの途中、様々な被害を受けた光景を目の辺りにし、あらためて災害の怖さ、その深刻さを認識しました。

2011年9月福島県 2011年9月福島県

2011年9月福島県

2011年9月福島県 2011年9月福島県

福島県に到着し、福島県聴覚障害者青年部の5人にお会いすることができ、そこでいろいろな話をしました。

その様子や、福島県の光景をビデオにまとめました。

淡路大震災と同じように、この東北大震災も私たちの心にずっととどめておき、
ろう者の暮らしをよりよくすごしやすく、不安のないものにするために、
一人ひとりの声や気づき、考える力が必要だと痛感しています。

この震災で受けたろう者が感じたことは何より私たちにとって生きるうえで重要な事です。
この声をみんなで聞き、考えていきたいと思っています。

これからも心を一つに、細長く、しっかり支援を続けていきたいと思います。
皆様からのご協力をよろしくお願いいたします。

関連記事

【帰国報告】第9回世界ろう連盟アジア地域青年部キャンプinフィリピン

先日のアジア地域青年部キャンプのキャンパーからそれぞれ感想を述べていただきました! 【リーダー:大楠航一郎(北信越)】 無事帰国…

第52回全国ろうあ青年研究討論会in秋田

第52回全国ろうあ青年研究討論会in秋田 11月23日(金・祝)~25日(日) ろう青年が集う全青研まであと1ヶ月を切りました! …

【中間報告3】第9回世界ろう連盟アジア地域青年部キャンプinフィリピン

残りの2日間について報告です。 19日...午前:講演「国連障害者権利条約」について 午後:フィリピ…

【中間報告2】第9回世界ろう連盟アジア地域青年部キャンプinフィリピン

引き続きキャンプ情報を! 17日…午前:カルチャーレポート(日本代表、岡本・清水) 午後:ワークショップ、チームビルディ…

【中間報告】第9回世界ろう連盟アジア地域青年部キャンプinフィリピン

さて、第9回世界ろう連盟アジア地域青年部キャンプも中盤に差し掛かって来ました。 13日…夜7時頃 セブ島の空港に到着 ホテル宿泊…

ページ上部へ戻る